スポンサーサイト

  • 2007.10.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ゆとり

最近、やたらと忙しいです。
週の半分は福岡、残りの半分は東京。週3日は4時起き。土日はだいたい何かしら予定が入っているので、ゆっくりボーっとする時間もとれない日々が続いています。当然、家族と一緒にすごす時間もないです。加えて、日中は会議が目白押し。今日も朝9:30から、空き時間なしで7本の会議があって、気づいたら19:30でした。なんともめまぐるしいです。

特に家族との時間がとれないのがとても寂しいですね。息子が会うたびに驚くほど、成長しているのですが、それだけ会ってないってことなんですよね。

といっていると愚痴っぱいですが、身体を壊さないうちに、バランスを取り直そうと思います。来週が引越しなので、それが終われば、多少は落ち着くかもしれません。

そんなめまぐるしい日々を過ごしていると、”ゆとり”の大切さが身にしみます。物理的な時間のゆとりと、精神的なゆとりの2つがあるのですが、精神的なゆとりは時間のゆとりに大きく左右されますね。

”ゆとり”のためには選択と集中が必要です。必要なものは残し、そうでないものは捨てる。そういう意思決定ができるかどうかが、この状況を打開する大きなポイントだと思っています。

ある大手メーカーの役員の方がいってたのですが、”ゆとり”を確保するにはまず自分で予定を入れることだそうです。あいているとその時間はどんどん人にとられてしまう。だから、大切にしたい時間こそ、例えば、自分の時間や家族との時間(旅行など)を向こう1年間、先に決めてしまうそうです。

私でいえば、”ゆとり”の予定を向こう3ヶ月くらい入れてしまうのが必要ってことでしょうか。。

ココロに伝わるスピーチ

このところスピーチやプレゼンテーションをする機会がとても増えました。会社でもプライベートでも前に比べると格段に多いです。少なくとも週1回は人前で話をする場があります。

人前で話すことが増えたことで、他の人のスピーチやプレゼンに対する関心がとても高くなりました。せっかく話すなら、毎回少しでもうまくなりたいですし、伝えたいことはしっかり伝えたいですから。。

そんなこんなでスピーチやプレゼンについて考えるようになって、おかげさまで人前で話すことに対する抵抗感もなくなり、比較的スムースに話せるようになったと思います。たまに「うまくなったね」といわれたりもして、それは素直にうれしいです。

ところが、うまくなったのはいいのですが、何かもうひとつ足りない気がしています。

特にプレゼンをしたときなのですが、私がいいたいこと、いっていることは相手に理解してもらえてはいると思います。でも、いまひとつ伝えたいことが伝わっていないような、心に響いていないのではないかと感じることが多いです。

相手のココロに伝わるスピーチやプレゼン、それは決してうまければいいというものではないのだと思います。網羅的にロジカルに整理されていればいいかというとそういうものでもないような気がします。全く正反対に、あまり整理されていないし、網羅性もない、さらにうまくもないけど、何か伝わるものがあるというプレゼンもあります。

それは何故かなと考えてみたのですが、資料の綺麗さ、しゃべりのうまさなどテクニックではなく、どうしても伝えたいことがあって、それをなんとしても伝えたいという想いが
あるかどうかが大切ということなのかもしれません。

そういう意味では短い言葉でたくさんの人を相手に想いを伝える経営者は本当にすごいなと思います。私も見習って、少しでも近づけるように修行します。

日本のヨット発祥の地、葉山

今日は先日、響きの会で知り合った方に誘われ、日本のヨット発祥の地、葉山にいってきました。ヨットに乗るのは人生で初めてでした。ヨットなんて全く縁のない世界だと思っていたので、家族でウキウキしながら行ってきました。

息子も一緒だし、ただ単にいっても面白くないので、レンタカーを借りていこうとしたら、、、今週は3連休なんですよねぇ。どこにかけても予約でいっぱいです、と断られ続けました。都内では借りれないと悟り、都外でも探して、何とか藤沢で借りれることが判明。というわけで、電車で藤沢までいってそこから車で葉山という、軽く小旅行気分でスタート。

今日は天気がよかったし、台風の影響で波も高かったので、湘南はサファーでいっぱいでした。そんな海を見ながら、葉山へ。藤沢からは車で1時間くらいで、あっという間に着きました。

私は海とはほとんど縁のない生活をおくってきたので知らなかったのですが、葉山は日本のヨット発祥の地だったんですね。港中にヨットがあって、あの風景は圧巻でした。



今日は波も高かったし、私たちは1歳9ヶ月の子供と妊婦もいたので、停泊中のヨットに
のって、飲み食いしながらのんびり時間を過ごしました。初めてヨットに乗ったのですが、結構揺れるんですねぇ。息子は怖がって、早々に陸に上がってしまいました。息子にはまだ早すぎたようです。。。

それにしても印象的だったのが、集まっていたヨット仲間の方々がみんな若々しく、生き生きしていたことです。皆さん、本当にヨット、海が好きなんだなというのが見ているだけで伝わってきました。毎週のように集まって、海に出たり、港でみんなと飲みながら語ったりしているそうです。こんな仲間がいるなんて、そして、こういう時間の使い方をしているなんて、うらやましい。。

福岡に帰ったら、私もこんな充実した生活をしたいもんです。

いよいよ福岡へ

11月から福岡に転勤が決まりました。
いよいよ福岡です。

ある意味、予定どおりというか、自然にそうなったというか、不思議な気分です。
方向性を決め、それに向かって、直接的または間接的に物事を進めていっていると、あるとき、思わぬかたちで一気に意図した方向に物事が進み始めることがあるんですね。今まさにそれを実感しています。これをシンクロニシティというんでしょうか?

「まわりの人たちからみたら、急な展開ですね」という感じなのでしょうが、私からしたら、全てが予定どおりという感じなんです。前からそうなることが決まっていたかのようです。自分でこうなるように周りの環境を仕向けていった感覚さえあります。なんとも不思議です。

1年前には夢だったことが半年前にはイメージが明確になって計画になり、これで私の計画のほぼ8割が達成されました。次は残りの2割を計画から予定にレベルアップする番です。楽しくなってきました。

15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術

言葉の使い方ひとつで、コミュニケーションは大きく変わります。日ごろ何気なく使っている言葉に気をつけるだけで、自然に自分の思考も変わりますし、相手との意思疎通も格段によくなるんですね。

早速、実践してみます。Just do it!!


15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
大串 亜由美

時のプレゼント

会社の後輩が紹介してくれた本です。彼女が朝礼で朗読したのを聞いて、その内容に心を打たれました。10分もあれば読めますが、じっくり味わいながら読んでいただきたい本です。

毎朝これを読んで、一日を始めたら、毎日がさぞかし充実したものになるだろうと思います。

時のプレゼント
時のプレゼント
竹本 聖

大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」

成功の法則、好きなことをしてお金持ちになるという分野については、ほとんど読みつくしたかなと思っていましたが、まだまだでした。ちょっとだけ、自分を過信していたことに改めて気づかされました。

個人的には全部読んだあとの最後の言葉、”just do it”が絶妙だなと思いました。
全部読んだあとにこの言葉に触れると、なるほど!という感じです。


大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」
大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」
ダン・ケネディ

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
コーチング・バイブル―人がよりよく生きるための新しいコミュニケーション手法
コーチング・バイブル―人がよりよく生きるための新しいコミュニケーション手法 (JUGEMレビュー »)
ローラ ウィットワース,フィル サンダール,ヘンリー キムジーハウス
recommend
recommend
考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則 (JUGEMレビュー »)
グロービスマネジメントインスティテュート,バーバラ ミント
recommend
競争戦略論〈1〉
競争戦略論〈1〉 (JUGEMレビュー »)
マイケル・E. ポーター
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM